里山ねっと赤坂  
里山ねっと赤坂の紹介
主な行事予定
蒲沢山の紹介
蒲沢山の動植物
蒲沢山今昔
里山通信「蒲沢(かばさわ)」
里山ブログ
里山ねっと赤坂へのお問い合わせ
リンク
トップページ
蒲沢山遺跡(かばさわやまいせき)
種別 集落跡

蒲沢山遺跡は,JR仙山線愛子駅の北約2.5km、広瀬川の支流である芋沢川沿いの段丘状に位置している、旧石器時代終末期と縄文時代早期末から前期初頭を中心とする遺跡である。遺跡は、芋沢川に流れ込む赤坂川の左岸に立地し、標高は140m〜230mである。昭和58・59年(1983・84)に赤坂ニュータウン造成に伴う調査が宮城町教育委員会によって行われ、縄文時代前期の竪穴住居跡が22軒発見されている。住居跡以外の同時期の遺構として、土坑も多く発見されているほか、600点を超える大量の石器が出土している。これらのなかには、旧石器時代終末期のエンドスクレーパーや局部磨製石斧なども含まれている。前期初頭の住居跡は、丘陵尾根部と東側の緩斜面にわかれ、方形で小型のものが西側の丘陵尾根部に、円形で大型のものが東側の緩斜面にみられた。宮城県内では、この時期の調査例は少なく、縄文時代前期初頭の集落の構造を考える上で貴重な遺跡である。

遺跡名 蒲沢山遺跡
読みかた かばさわやまいせき
英名 Kabasawayama Site
所在地 青葉区赤坂2,3丁目
種別 集落跡
時代 縄文時代

仙台市ホームページより引用  

   
 

Copyright (C) 2008 Satoyama net AKASAKA. All Rights Reserved.